<< 小松の出会いではそのような考え方です | top | しかし、秋田の出会いを拒否した >>

女性と日記を書いた秋田の出会い

...私の日記スペル
それは二人の兄弟についてのエピソードです。
それは私が約28から38歳だったときです

 

秋田の出会い


「私に女性をください」


これはドラマでよく使われる行です。

しかし、
私はこの言葉を現代ではあまり使いません。

"氏。"ことではありません、
受け取る秋田の出会い
与えるものではありません、
その見方は、

と言えば、
女性は男性によって言われます、
私は嫌いではないという言葉です
私が思うこと

"私はあなたが欲しいです"

これは愚かすぎる。

 

秋田出会い

 

 

「私に女性をください」

この言葉で
実際にはそれほど問題はありません。

問題があれば、
これは十分な言葉ではないかもしれません、
それが私の考えです。
さて、あなたの考えはどうですか?

 

 

 


私の母の人生は半年宣言されていました、
彼女のチャコとの結婚を申し込む、
私は彼女の家に行きました
こんにちは。

 


この挨拶、秋田の出会い

これは男性にとって非常に緊張した行為です。


最後の日記のように、
厳格な父親と
人間同士の会話がある限り、
信頼はしばらくの間生まれました。秋田の出会い
母親のことで連帯感があったと思います。

私の息子から、
私の父は追いかけている、追いついている、
ある日私が追い越さなければならない存在です。秋田の出会い

 

 

akitakomatu | - | 11:57 | comments(0) | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--